本文へスキップ
HOME スルーネットとは 歴史と意義 活動予定と報告 お知らせ 法人概要・入会方法 各お問い合わせ先
各お問い合わせ先
関連団体と組織のご紹介

各地域で活動しているスルーネットピンポン協会についてご紹介いたします。
スルーネットピンポンに興味を持たれた方は、お気軽に最寄りの協会までお問い合わせください。そして、ぜひ見学にいらしてください。
きっと、バリアフリースポーツの素晴らしさを実感していただけるはずです。

茨城県スルーネットピンポン協会 (ISP)


【代表者】   森住 純一
【連絡先TEL】 090-3205-7216
 【活動場所・日時】
(石岡会場)
石岡市国府地区公民館 (旧石岡市福祉会館)
(2) 毎月第1・2日曜日(月によって第5) 10:00〜16:30
 【活動場所・日時】
【活動場所・日時】
(水戸会場)
水戸市旧茨城県庁三の丸庁舎
毎週木曜日 毎月第4日曜日、13:00〜16:00

【コメント】
 こんにちは、茨城県スルーネットピンポン協会(通称ISP)です。
 当協会は当初5,6人程度で盲人卓球(現サウンド・テーブル・テニスと言います)を、地元地区のレクレーションとして行っていました。
 その当時は皆で資金を出し合い、卓球台などはすべて手作りで行っていました。
 その後平成元年に全日本スルーネットピンポン協会が発足し、平成7年8月27日に石岡市において13名の会員で産声を上げました。

 それから13年、現在の会員数は37名となりました。そのうち、全盲の会員は14名、弱視の会員は14名、健常者の会員は8名、その他1名で構成しております。練習は、石岡市、日立市、水戸市で行っています。
 その他、各種大会(全国大会、関東大会)、他団体との交流会、地元での親睦会などを通じて会員相互の親睦、交流を図っています。
 また、「バリアフリースポーツ」という理念のもと、各種イベントにおいて一般の方々向けにスルーネットの楽しさを紹介しています。
 とにかく「明るく、楽しく、元気に、みんな仲良し」をモットーに、障害の有無に関係なく楽しみながら時にはライバル心を燃やしながらスルーネットの技術の向上を図っています。
 そのおかげで全国大会や関東大会などで上位の成績を収めている会員も数多く、その中でも連続優勝に輝いている会員を輩出しております。

 その他、まだまだお知らせしたいことがありますが、小難しいことを書いていると皆さん飽きると思いますので「スルーネットってなんだっぺ?」「なぁんだか面白そうだなぁ〜っ」「一度やってみっかぁ〜っ」とお思いになったあなた! そう、このホームページを見ているそこのあなたですよ〜っ! 上記の会場で練習会をやっていますのでお気軽に体験しに来てください。
 1度見たら2度3度、やめられない止まらないスルーネットワールドにあなたもはまるはずです。 皆様のおいでを、会員一同心よりお待ち申し上げております。

その他詳しいことはこちらまで。

ページTOPへ戻る

群馬県スルーネットピンポン協会 (GSP)


【代表者】  松浦 邦彦
【連絡先TEL】 0279-72-3769
【活動場所・日時】 社会福祉総合センター(前橋市)
県立ふれあいスポーツセンター(伊勢崎市)
活動日程などについては、お問い合わせください。

ページTOPへ戻る

東京都スルーネットピンポン協会 (TSP)


【代表者】  平賀邦輝
【連絡先TEL】 042-486-0422
【活動場所・日時】 ◇第1日曜日、10:00〜17:00
東京都障害者総合スポーツセンター(北区)
◇第3日曜日、10:00〜17:00
多摩障害者スポーツセンター(国立市)

【コメント】
 当協会は、平成8年12月1日に発足しました。平成24年6月現在の会員数は、46名です。
 練習日は、毎月第1日曜日(王子スポーツセンター)、第3日曜日(多摩スポーツセンター)で行っており、毎年1回他県との交流も行っています。

ページTOPへ戻る

千葉県スルーネットピンポン協会 (CSP)


【代表者】  小宮 昭夫
【連絡先TEL】 043-254-4491
ホームページ
【活動場所・日時】 ◇練習日
毎週水曜日、18:30〜20:40
第1・3日曜日、10:00〜16:30
◇活動場所
千葉県障害者スポーツ・レクレーションセンター(千葉市)
メール

ページTOPへ戻る

山梨県スルーネットピンポン協会 (YSP)


【代表者】 鈴木 義昭
【連絡先TEL】 0551-28-5639
【連絡先E-Mail】 kanoguri@spice.ocn.ne.jp
【活動場所・日時】 ◇活動日
毎週木曜日 18:00〜21:00
第1日曜日 10:00〜16:00
第1・3火曜日 18:00〜21:00
◇活動場所
山梨県ボランティアセンター(甲府市)

【コメント】

発祥の地

 山梨県はスルーネットピンポン発祥の地です。
 昭和61年(1986)に全国身体障害者スポーツ大会(ふれあいの海事大会)が開催され、山梨県盲人卓球クラブが発足し山梨県ボランティアセンターを拠点に活動を活発化しました。山梨県ボランティアセンターは山梨県内のボランティア活動の文字どうり拠点であり、様々なボランティアサークル・クラブが250余余りの登録がされており、小中高厚生ボランティアからシルバーボランティアグルーブまで広範囲であり又その内容も手話・点字・車椅子介助・盲導犬サークル・駅を良くする会・老人介護からコーラク・詩吟・中国語講座・ダンス・等等多種多岐にわたり実に多くの人が出入りしている施設であります。

発想の転換

 そんな施設内での盲人卓球クラブのメンバーと高校生ボランティアサークル「SKY」との出会いがあり、なんとSKYのメンバーから盲人卓球を広く一般の人にもできるように開放してほしいとの要望が出され、生きよい活動の活発化に拍車がかかりました。

バリアフリースポーツ

 そして、このSKYのメンバーにより「スルーネットピンポン」と命名され、あらゆる障害者から健常者まで同じ土俵(ルール)で協議が行われるようにと「スルーネットピンポン競技規則」を制定し、同時に認定審判員の養成も始めました。

YSP定期練習会日

 山梨県スルーネットピンポン協会の定期練習会は毎週木曜日の午後6時〜9時までと、毎月第1日曜日(AM10〜16時)・第1代3火曜日(PM6時〜9時)2Fロビーにて行っております。常設の卓球台が1台あり、ほかにもう2台の卓球台も装備されていますので参加者に大路増やすことも可能ですので、興味のある方はどしどしとお出かけください。またボランティアセンター1F受付カウンターにはラケット等卓球用品が常日貸し出しもしておりますので都合の良い日にセンター職員にお申し出下されば体験することも可能となっておりますので、どうぞご利用ください。
*山梨県ボランティアセンター TEL: 055-224-2941
{練習に参加した人たちの多くは練習終了後は近くの居酒屋などで卓球談議を熱く語っていますのでこちらもよろしかったら、お気軽に顔お出してください}

平成22年山梨県スルーネットピンポン協会役員

会長:  鈴木義昭
副会長:  井口靖也 三枝利仁
名誉会長: 佐藤英貴(あけぼの医療福祉センター長) 
相談役: 鈴木新三、鈴木清司
事務局長: 三野美和
審判部長: 中田守
会計:  杉山悠美
会計監査員: 北村利恵 加藤三枝子
事務局員: 李年子 功刀恵美 伊東美江 大久保和加子 藤原宮子 
機関誌担当: 植松麻希 片野純子

ページTOPへ戻る

信州長野スルーネットピンポン協会 (SSP)


【代表者】  住吉 実
【連絡先TEL】 0263-34-5867
【連絡先E-Mail】 kaisumi2@rock.email.ne.jp
【活動場所・日時】 長野県松本盲学校(松本市)ほか
活動日程などについては、お問い合わせください。

ページTOPへ戻る

各お問い合わせ先